賀詞交換会は、多くが1月の中旬に集中して開催される。会社社長は、出来るだけ多くの賀詞交換会に参加しようとするが物理的に無理がある。そこで、社長代行を代わりに行かせることになる。社長代行は、役職者から営業マンまで賀詞交換会の業界や団体に合わせる。

社長がトップセールスをしている場合、社長代行者はあるミッションを頂く。

賀詞交換会で社長代行がするべき仕事とは

続きを読む...

毎年、毎年、1月に賀詞交換会が開催される。賀詞交換会は、企業の経営者や重役たちが参加する。ビジネスの決定権を持った人たちだ。多くの営業マンや保険のおばちゃん・魅力的な若い女性もやって来る。法人向け保険外交員にとって賀詞交換会は重要なイベントだ。

期待しすぎると何も得られない賀詞交換会

続きを読む...

あなたが接しているお客さんは、あなたの言葉よりも別のメッセージを受け取っている。

お客さんは、言葉以外であなたの人柄を判断しようとする。初対面であれば、第一印象だ。話を聞きながらあなたが話している事が信用に値する内容かどうか、このまま聞いていて良い内容か、今後もお付き合いしたい人なのかなどを考える。こんな一言がある。

続きを読む...

横浜駅から相鉄線に乗って仕事に出かけている。ある日、こんな広告は自然と頭に焼き付くなと思う広告に出会った。葬儀屋の広告であった。葬儀屋のビジネスは地域に根ざしている場合が多い。ローカルな葬儀屋は、地域のコミュニティーに密着している。特に人間とのお付き合いで葬式は何処の葬儀屋に任せるというようになる。決まった葬儀屋がなければ、病院に出入りしている葬儀屋になってしまう。

頭に自然と焼き付く葬儀屋の広告

続きを読む...

お客を探す時に自分だけでは限界があると思う人は多い。特に少数精鋭で会社を経営している社長さんは、トップセールをせざるを得ない。

■ヒットアンドランで見つけるお客

自社製品やサービスを求めている会社を見つけるのは時間がかかる。経営者が集まる商工会議所に顔を何回も出しても見込み客さえも見つけるのは難しい。

続きを読む...

メルマガを発行している経営者や営業マンは、なぜか自己中心的になりがちです。その一例が自分が発行しているメルマガのリストに名刺交換した人のメールアドレスを許諾を得ずに入れて送ってしまうことです。

この方は、自分のメルマガの情報が受け取る方にとって必ず喜ばれると思い込んでいます。

現実は、100%逆なのですがね!

続きを読む...

私が構築するJoomla(ジュームラ)CMSのサイトは、営業マンがどのページを見ているかが分かる。

インターネットで法人営業する営業マンは、会社概要というキーワードでヒットした会社を電話営業する。

このような営業をする営業マンは、必ず、会社概要のページしか見ていかない。

だから、

その行動様式がログとして残りJoomlaサイトで見えるようになっている。何時何分、どこ会社から、どのページにアクセスが有り、どのページを閲覧していたかのログである。

会社概要のページしか閲覧していかない営業マンは、IPアドレスを調べることでどの会社の営業マンであるかが分かる。

数日の内にその会社から電話がかかってくる。こんな形での営業電話は、最初から私のお客ではないことが分かっているため会社名を聞いてから切ることにしている。

続きを読む...

14年愛したアコードワゴンからプリウスに自動車を買え替えた。4店舗のプリウス取扱代理店で情報収集をしながら値ごろ感を養った。

今日、訪問したトヨタの代理店でプリウス Sグレードを購入した。4店舗の営業マンと会ってなぜこの代理店の営業マンに売上を稼がしてあげたのか。

印象の良い営業マン

この営業マン、Aさん、の第一印象は、和やかで素直な印象であった。話し方も正直で正確な商品情報と手際よい対応であった。

続きを読む...

群馬県 空き家バンク でGoogle検索をしてみたら一番最初に表示されたサイトは、

「群馬県の空き家バンク - 本気に田舎暮らし」のアフィリエイトサイトであった。

本来、私が探していたサイトは、「空き家情報 - 南牧村ホームページ」であったが
ページの一番サイトでの表示であったので気が付かなかった。

「群馬県の空き家バンク - 本気に田舎暮らし」がアフィリエイトサイトであるかはサイトを開いてみないと分からない。

最初に目に付くのは、左、文中トップ、文中、右側に目立つように見えるGoogle AdSense広告である。

続きを読む...