経営者の営業

起業家の営業方法

多くの起業家は、ビジネスを一人で立ち上げる場合が多い。一応、株式会社という形だが一人会社の社長である。一人会社の社長は、営業がうまくなくては会社が成り立たない。

まず、営業力を求められる。

経営者の営業では、普通の営業マンと同じやり方をすると経営者という泊が落ちる。経営者は経営者の営業アプローチが有る。

一体どんなアプローチかとあなたは思うかもしれない。

▼経営者の営業アプローチ

東京商工会議所が主催する経営者の集まりでこんな社長さんに出会った。品川で精密部品を製造しているメーカーの社長さんである。

彼にこんな感じで話しかけた。

バフェットスタイルの懇親会であったので出されている食べ物の味について話しかけた。

「この焼きそばは、美味しいですか?」

社長さんは、「これは、やめておいたほうが良いかもですね!」

この後は、食事について話し込んでいった。話をしている内に自然な形で自己紹介になる。ただ、名刺は出さない。相手が出してこちらが受け取ったら自分の名刺を出す。

これは、営業マンが営業ですという顔でやる営業方法とは違う。

キーポイントは、アプローチで「私は営業マンです!」と言わないこと。自然な形でお知り合いになる話しかけが重要である。

一度、お互いに話し込むと2度目に会うときは知人となる。営業マンは、直ぐに営業コールをする。経営者は、しない。

なぜ、しないのか!

助言は、こちらでダウンロードできます。

=>助言: 経営者がなぜ直ぐに営業コールをしない理由 (1,234円) 

営業にシニアのリソースを活用する

=>>会員登録で 無料ダウンロード 「見込み客リストを簡単に作る方法」
ログイン 又は、会員登録してからログインして下さい。)