飛び込み営業から逃れるには

飛び込み営業が苦痛で出来ない!

会社によっては、新米営業マン向けに意図的に飛び込み営業をさせる場合があります。または、飛び込み営業に頼らざるを得ない状況に追い込まれた営業マンになっている場合もあります。

飛び込み営業は、苦痛が伴う上にコストパフォーマンスが最も悪い営業方法です。

営業マンは、何とか飛び込み営業をやらないで良い営業成績が立てられる方法を探すのですがなかなか見つかりません。

この状態から飛び込み営業の苦痛をなくすには・・・

2つの解決策があります。

  1. 飛び込み営業をやらない事
  2. 飛び込み営業を楽しくさせる事

飛び込み営業をやらない事

飛び込み営業をやらないという事は、別な営業方法でお客を見つけるという事です。

1.テレマーケティング
2.メール
3.紹介営業

などが考えられます。

テレマーケティングは、事前に電話するターゲット会社をリスト化してニーズ分析をする必要があります。その精度が悪いと飛び込み営業と同じ程の苦痛を味わいます。

メールは、誰にメールするかで受け取る人の印象が変わります。所謂、売り込みスパムメールになるような送信方法を取りますとマイナスの営業になります。メールマーケティングの手法を学んで正しい方法で行う必要があります。

紹介営業とは、リファーラルマーケティングと呼ばれるやり方でお客さんをお互いに紹介し合います。それが効率的にできる組織に参加することでそれが可能になります。

代表的なリファーラルマーケティング組織にBNIという組織があります。検索して頂ければBNIに関する情報がたくさん出てきますので調べてください。

BNIが提供する紹介営業は、業種業界によっては紹介を受けられない場合があります。その辺もよく調べてください。

飛び込み営業を楽しくさせる事

飛び込み営業を楽しくさせるには、目論見(戦略と戦術)を作って実験することです。こんなやり方で飛び込み営業したら、どうなるだろうか?どんな結果になるかを見つけるために実験することです。

飛び込み営業の目論見(戦略と戦術)を好奇心の目で実験しながらその結果を楽しむのです。

飛び込み営業を実験という遊びに変える事で飛び込み営業が楽しくなります。

最終的には、自分にあった営業方法(スタイル)を見つけて身に付ける事で営業を楽しくさせることができます。

助言は、こちらでダウンロードできます。

=>助言:飛び込み営業をマイスタイルに変える方法(1,234円) 

お問い合わせください。

=>>会員登録で 無料ダウンロード 「見込み客リストを簡単に作る方法」
ログイン 又は、会員登録してからログインして下さい。)

営業にシニアのリソースを活用する