リフォームの営業は情報戦

毎朝、朝日新聞に入ってくるリフォームのチラシがある。色々なケースのリフォームプランに対して価格を提示している。リフォームで発生する金額の値ごろ感を情報として発信している。

リフォームは、一生に一度あるかどうかだ。

それ故、一体リフォームでどれ位お金が発生するのかが分からない。一般的に建築関連の費用構成はその業界で働いている人しか理解できないのが普通だろう。

それぞれの業界で共通する値付け感がある。

築20年余りのマンションに住んでいる。子どもたちが大人になり巣立っていく。残った夫婦は、老後の生活に便利な間取りや生活空間を見直し始める。

リフォームの情報は、日常的に目に入るものから気づきの世界に入る。

そして、

本格的にリフォームについて情報を探し始める。この時に住んでいる地域のリフォーム会社が調査の対象になる。多くの人はインターネットで調べ始める。

▼地域一番のリフォーム情報発信サイトになる!

自社のホームページでリフォーム情報を発信していない会社であるならば、直ぐにリフォーム情報を沢山公開すべきだろう。

ホームページでの情報発信は、リフォーム業界で必須になる。多くのお客さんは、インターネットで情報を検索して下調べをする。スマートフォンやタブレットで直ぐに情報を見つけられる時代である。

こんな時代で看板サイト(10ページ前後の会社紹介)しか持っていないリフォーム会社は既に競争から脱落していると思って良いだろう。

だが、

競争はこれからだ。高齢化社会で多くの人達がリフォームを求め始めている。情報端末もPCからスマートフォンやタブレットに移ってきている。タブレットであれば、50歳代、60歳代の人でも簡単に情報検索が出来てしまう。

そんな時代に対応する情報発信を今から行うべきだろう。

今の会社ホームページが自分たちで簡単にリフォーム情報を発信できないのであれば、その問題を解決するツールがある。

CMSを使って営業マン全員がリフォーム情報やプランをページとして発信が出来る仕組みが作れる。インターネットに繋がるところであれば、どこでもページをアップできる。

参考までにこちらのページを一読して下さい。
http://www.joomlajp.org/faq/381-sales-promotion-hp.html

ホームページから切り込む営業は時間がかかる。もっと、地面に足がついた営業方法はないのかと思っているのでは?

助言は、こちらでダウンロードできます。

=>助言: 大蔵省の奥様を攻めるリフォーム営業方法 (1,234円) 

営業にシニアのリソースを活用する

=>>会員登録で 無料ダウンロード 「見込み客リストを簡単に作る方法」
ログイン 又は、会員登録してからログインして下さい。)