ホームページで営業の意味がわからない

普通のホームページは、会社案内のような内容のページで制作されます。そのため、その会社を確認するためには役に立つのですが、それ以上の情報がないため会社の看板サイトに等しい役割になります。

このような看板サイトでは、ホームページで営業が出来ません。

ホームページは、ターゲット客が求める情報を発信している場合のみに営業をしてくれます。

つまり、

ターゲット客は情報を探しているのです。探している情報がホームページあれば自然と検索でヒットして情報を読みにやってきます。

ホームページで営業の意味は、ターゲット客が求める情報を餌にしてお客を集めるということです。

ターゲット客が求める情報が絞り込まれていればいるほど見込み客になる可能性が高まります。

それでは、どのような情報であれば良いのでしょうか。

▼ホームページで情報発信する内容

1.こうすればあなたは儲かるのではないか
2.こうすれば経費が削減できるのではないか
3.こうすればいいのではないか

問題に対する解決方法を提案するのです。それだけです。

あなたが探し求めているターゲット客が欲しがる解決情報をページにすると、最終的に会ってみないと分からないという心理状態になります。

ですから、

向こうからお客が会いたいと言ってきます。

まず、検索結果でリストされたページがクリックされる必要があります。それが出発点です。

助言は、こちらでダウンロードできます。

=>助言: Google検索であなたの検索結果ページを目立たせるには! (1,234円) 

営業にシニアのリソースを活用する

=>>会員登録で 無料ダウンロード 「見込み客リストを簡単に作る方法」
ログイン 又は、会員登録してからログインして下さい。)