お客様を探すならば

 仕事をしているとお客様との縁がずっと続かないことが分かる。どうしても新しいお客様と古いお客様との入れ替わりがある。

そのため、

絶えず、新しいお客様を開拓し続けて行かないと生きていけない。これが出来ないと、多分、そのビジネスは止まってしまうだろう。時代の変化がそのような要求をする。

経営者は、その現実を肌で感じている。営業マンは、ノルマの売上だけを気にするが経営者は持続するビジネスに注目する。

私がいるウエブ業界は、参入障壁が低いため価格競争が激しい。とても考えられない料金で仕事を受ける会社やフリーランスが多い。

つまり、

低料金を武器に新規開拓をしている。既に、レッドオーシャン(Red Ocean)の世界だ。この状況で価格で競争しないで独自の営業方法とお客様対応で付加価値の高いウエブ制作をしている会社もある。

どこに違いが有るのだろうか?

私が思うのは、お客の探し方である。

一般的に営業で新規開拓をするときは、人脈づくりをしないと始まらないと言われる。新しいお客様との関係を築き深めないと人脈と言われるものは出来上がらない。

ただ単に名刺だけを交換して人脈が出来れば誰でも営業でお客探しが出来る。現実は、できない。

だから、

如何にして人脈を作るかが問われる。顔が広ければ、色々な人とのコンタクトが取れる。そのコンタクトからお客様の紹介が期待できる。紹介営業は、人脈からの紹介からくる。

多くの営業マンは、人脈作りに励む。上手く行く人と行かない人が生まれる。

人脈作りに失敗している人は、人脈作りという言葉に囚われすぎる。自分という視点をまず忘れて考えてほしい。相手の視点で人脈作りという言葉を考えてほしい。

人脈作りで売上を伸ばしたい人は、これを実行しなさい。

助言は、こちらでダウンロードできます。

=>助言: これを実行しなさい (1,234円) 

営業にシニアのリソースを活用する

=>>会員登録で 無料ダウンロード 「見込み客リストを簡単に作る方法」
ログイン 又は、会員登録してからログインして下さい。)