攻めの営業か、受け身の営業か

ニーズの顕在化ではウエブが有利

受身の営業としてホームページでの情報発信が脚光を浴びています。

ただ、

インターネットでビジネスを展開する仕組みを理解していないと上手くいきません。

インターネットに疎い営業マンや経営者がホームページでお客さんのニーズを顕在化させる事ができるでしょうか。

受身の営業とは

お客さんは、特定の情報を求めて検索をします。その検索でヒットしたホームページを訪問して探している情報があるか、ないかを見ます。

お客が向こうから勝手にやって来るという意味合いがこれです。

検索でヒットするホームページを作れば受身の営業ができるのです。それぐらいは分かっているが、検索でヒットさせる方法がわからない。そう思っているはずです。

簡単に検索でヒットさせる方法があります。

ただし、

それぞれの条件を満たす必要があります。

▼検索でヒットさせる条件

  1. GoogleのAdwords広告を使ってトップページ広告をする(お金が必要)
  2. 時間と労力を使ってターゲット客層向けの情報ポータルサイトを作る

1か2のどちらかを実行することです。

1のネット広告は、お金が続かなくなったら終わりです。
2の情報ポータルサイトはネット広告ほど即効性はありませんが、ネット広告ほどお金で縛られません。効果は、ジワジワと出てくるやり方です。

2の情報ポータルサイトは、CMSというツールを使うと使い方さえ間違えなければ、後は人海戦で実行できます。

このサイトは、Joomla(ジュームラ)CMSというツールでサイトを構築しています。

検索でやってくるお客さんはニーズが明確です。攻めの営業では、ニーズを探ることから始まるため色々と工夫が必要です。

助言は、こちらでダウンロードできます。

=>助言: 攻めの営業でお客さんのニーズを見える化させる方法 (1,234円) 

営業にシニアのリソースを活用する

=>>会員登録で 無料ダウンロード 「見込み客リストを簡単に作る方法」
ログイン 又は、会員登録してからログインして下さい。)