営業は若い頃に経験すべきである

営業は、苦しい。

売上というノルマでストレスが生まれる。お客探しもどのようにすれば良いか分からない。何もかもこれといった方法がない。アプローチしたお客も逃げてしまう。

若いころにこのような苦しさを味わうと営業の難しさを経験として身に付けられる。

この経験がない中高年が起業家と成って、または、営業マンとして働き始めると苦しみやストレスが若者以上になる。

営業以外でのキャリアで自信がある人ほど、「なぜ、営業はこんなに苦しいのか!」と・・・

若い時に営業の苦しみを経験していると、「一度きた道」という認識で同じ間違いをしないで営業を展開できる。無駄な営業をしないで済むし、お客さんを見つける場所や集める方法などをもっと効率的によく考えられる。

最初から営業が得意な人はいない

営業が出来る人は、営業に対する姿勢に違いが有る。営業で失敗した時にその姿勢の違いが出る。

営業ができない人は、「失敗を責任転嫁する」傾向が強い。営業が上手く行かない理由を探し始める。その理由が「自分は営業が得意でない、向いていない」という結論になる場合が多い。

営業が出来る人は、失敗の取り方が違う。

今回失敗した理由を分析して、「次回はどのようなアプローチで営業すれば上手く行くのか」と考える。

つまり、

ボジティプ思考で失敗の先にある未来のチャンスに挑戦する姿勢である。

何度の何度も営業で失敗すると「俺って、ダメな人間だな!」と思い込み始める。この心理状態は、普通の人間であれば誰でもそうなる。

だから、心配する必要はない。それが普通だからだ。

ポイントは

そこから自分をどこに持っていくかである。ポジティブ思考で物事を考えて行こうとする姿勢があれば、「失敗は成功のもと」で追い求められる。その結果、お客さんを獲得できるようになる。

その過程で自分にあった営業方法を身に付けるのである。

多くの営業マンは、「そんな事を分かっている!!」と言う。分かっていても失敗が怖くて次のアクションに結び付けられなくなっている。

こんな状態にある営業マンがやるべきことは、

助言は、こちらでダウンロードできます。

=>助言: 営業で失敗しても参らない方法 (1,234円) 

営業にシニアのリソースを活用する

=>>会員登録で 無料ダウンロード 「見込み客リストを簡単に作る方法」
ログイン 又は、会員登録してからログインして下さい。)