「ネットショッピングと同じ営業マン」はいらない・・・欲しい営業マンとは?

欲しい営業マンとは?

ネットショッビングは、お客さんが自分のニーズに合わせて商品検索し、製品機能を知った上で価格比較をし、購入先を決めるのがインターネットショッピングである。

こんな感じで商品やサービスを買うお客さんを見つけて営業できれば営業マンも楽である。

ネットショッピングのお客さんは、既に自分が欲しい物を探している状態にある。価格や性能を比較して信用性が高い、安心できるネットショップで購入するお客さんであるので商売はしやすい。

こんなお客さんであれば、「御用聞き営業マン」であれば良い、又は、受付嬢的な営業マンでも良い。

でも、

現実は、購買意欲があるお客さんばかりではない。

営業マンの価値は、ネットショップと同じような売り方で販売できないお客さんを営業できる営業マンに存在価値が有る。

自社が売りたい商品を一方的にセールスするだけの「押し売り営業」や「何かご用はありませんか?」とお客さんを訪問し、商品機能を説明して価格を提示するだけの「御用聞き営業」は、ネットが代替する。

これが現実味を帯びてきている。

ネットでの営業を強化して売上を伸ばすことが出来れば、「御用聞き営業マン」や「売上が伸びない営業マン」を削減できる。又は、別の用途に営業マンを活用できる。

もし、あなたが自分は「押し売り営業」や「何かご用はありませんか?」の営業をやっていると自覚しているならば、・・・

▼今から「お客さんの購買意欲を開拓する営業マン」になることである

当たり前といえば当たり前かもしれませんが、その当たり前が出来ていない、気がついていない営業マンが多い。

それでは、何をすべきなのか?

2つ方法がある。

1つ目は、ネットを活用してお客さんの購買ニーズデータを集めて後追いをする。
2つ目は、下記に書いてある。

助言は、こちらでダウンロードできます。

=>助言: 2つ目:見えない購買意欲を開拓する方法 (1,234円) 

営業にシニアのリソースを活用する

=>>会員登録で 無料ダウンロード 「見込み客リストを簡単に作る方法」
ログイン 又は、会員登録してからログインして下さい。)

営業にシニアのリソースを活用する