苦しい、辛い営業

営業は思うほど上手く行かないから苦しい!

営業マンの苦しみは、会社が課す売上のノルマから来る場合が多い。新米営業マンは、毎月売上がゼロな場合がある。試用期間(3ヶ月から6ヶ月)に売上がゼロならば、雇用取り消しになる場合がある。

新米営業マンであろうと、ベテラン営業マンであろうと新しい会社で営業職に付けば営業マンの能力を試用期間中に見られる。

それ故、

多くの営業マンが色々な会社を出たり入ったりしている。自分にあった営業ができる会社であれば、その会社に定着するだろう。

営業マンは、月の売上なんぼで評価される。性格が良い、人当たりが良い、優しいなどの人間性だけでは評価されない。営業マンの宿命は、お客さんを見つけて成約させ、売上を立てることにある。

売上が立てられないと営業マンは、何をしているの?と会社での存在意義を疑問視される。毎月給与だけをもらって売上を会社に貢献できない営業マンは、会社にとっていらない存在になる。

それが、営業マンはわかっている。

毎月、毎月、売上を立てられる仕組みがあれば前年度ぐらいの売り上げは達成できるかもしれない。

しかし、

売上を伸ばすのが営業マンの宿命。社長は、営業マンにそれを求めて雇用したのである。その期待に応えることができない状況に自分が陥るときに「営業は苦しい」と言い始める。

精神的に追い詰められて周りの人の噂を気にし始める。職場では、数字で営業マンの成績があからさまに分かる仕組みをとっている会社が多い。

誰がトップセールスマンか一目瞭然にわかる売上の成績グラフが貼られている。

営業マンになった以上、営業から逃げるわけには行かない。

こんな状況で自分自身を励ましアクションに導く言葉がある。多くの創業の経営者は、営業の苦しさを知っている。そんな時に自分自身に力を与えてくれる言葉に出会っている。

その言葉は、人それぞれであるが。私は、あなたにこんな言葉を差し上げたい。

「気付いたことから次々と」

何かに気が付いた時が実行のベストタイミングである。あれこれ悩まず、さっと動こう。

助言は、こちらでダウンロードできます。

=>助言:精神的に苦しいならばこれをやろう(1,234円) 

営業にシニアのリソースを活用する

=>>会員登録で 無料ダウンロード 「見込み客リストを簡単に作る方法」
ログイン 又は、会員登録してからログインして下さい。)